• 03-5775-0547
  • 六本木の実践的ビジネススクール

コミュニケーション能力向上セミナー ―入門講座 ビジネスの基本

隔週 日 など

コミュニケーション能力向上セミナー ―入門講座 ビジネスの基本

07:00 午後 - 09:00 午後
Pocket

  • 相手の懐に入り込めずに、表面的なコミュニケーションで終わってしまう。
  • 話す相手によって、緊張してしまう。
  • 複数の人の場だと緊張する。
  • 人に対して強い興味が持てない。
  • 対処に困っている部下がいる。
  • 相手のペースに飲まれてしまったり、影響を受けたりしてしまう。
  • 「話し方教室」やコミュニケーション講座に通ったが、根本的に、自分は変わっていないような・・

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

上記のような課題をお持ちの方は、このセミナーに参加いただくことで、明確に状況が分析できるようになり、状況を改善し、スキルを向上させていくことができます。
コミュニケーションを改善するための、様々なテクニックがあります。テクニックを学べるセミナーは、非常にたくさんあります。
しかしコミュニケーションの基本部分ができていなければ、それらテクニックの効果も、非常に限られたものになったり、逆効果になったりします。
コミュニケーションの根本的な構造を明確に理解し、身につけておけば、それらテクニックはむしろ自然に身につくものです。(そういったものも学びますが)
あなたの状況の問題点を正確にとらえ、解決できれば、今後、コミュニケーションそのものについては、問題などを抱えない人になることもできます。

~ このセミナー特徴 ~

ポイント1 直面(コンフロント)することを学ぶ

shake hands相手と、率直で、真っ直ぐなコミュニケーションができれば、何も問題はないはずです。

なぜ、それができないのでしょうか?
実際には、その単純なはずのコミュニケーションを、自分自身で複雑にしてしまっているのです。

自分自身に、多少なりとも、後ろめたさがあったり、反感や不安などがあることで、自分自身でコミュニケーションを止めてしまいます。

人間として、地に足のついた、本来もっている自然体のコミュニケーション能力を取り戻す必要があります。

表面的なテクニックを「取り付けていく」ことが重要ではなく、無理に取り付けた不自然なコミュニケーションについての行動パターンを、どれだけ「取り外していけるか」が、むしろポイントとなります。

この視点から、数多くある「話し方教室」とは、根本的に違うことがお分かりいただけると思います。「型」や「パターン」や「ノウハウ」を身につければつけるほど、不自由・不自然になるというジレンマ。このジレンマを、明確に解決します。

ポイント2 コミュニケーションの公式

コミュニケーションとは何ですか?
コミュニケーションの、本来の理想的な構造を、明確に定義します。

それらいくつかのポイントが分かれば、どのポイントが自分の弱点か、分かります。

逆に言えば、それらのポイントだけ、しっかりおさえておけば、コミュニケーションにおいて問題を抱えることはなくなるわけです。
本来、誰にでも可能な、率直なコミュニケーションとは何であるか、本来の形が分かるようになります。

本来の形が分かれば、現在の、問題点も正確に見えてきますよね。

そして、どのようにしてコミュニケーションが複雑になり、不完全なものになってしまうのか、その仕組も明確に説明します。

ポイント3 責任(Responsibility)

7e7727cc95e778d90853624a5aeac3b7_l信頼関係を築くには、表面的なコミュニケーションのレベルから、もう一歩深く、踏み込まなければなりません。

表面的なコミュニケーションは、相手そのものとではなく、相手の使っている会話システム(機械)と、コミュニケーションをとっているだけです。

相手そのものと、コミュニケーションをするには、相手そのものに対して、まっすぐに直面する必要があります。

さらに、相手の存在に対して「責任を取る」必要があります。

優れた営業マンが、一歩踏み込んで、コミュニケーションを取れるのは、お客様に責任を持とうとしているからです。責任は、「進んでコントロールしていこうとする意欲」と関係があります。

ポイント4 感情のトーンスケール

キャプチャ人の心の感情には、いろいろな段階、状態があります。

下記のような順番になっています。


熱中
快活
強い興味
保守的
退屈
敵対心
怒り
秘められた敵意
恐れ
悲しみ
無気力

これは膨大な実際のカウンセリングのデータから、まとめられたものです。
これを「感情のトーン」と呼び、各トーンによって、何かに対する反応の仕方、他人に対する態度、倫理観、仕事に対する態度などが変わってきます。

自分自身や他人について、現時点でのトーンがどこか、慢性的なトーンがどこなのか、ある商品に対してどのトーンにいるのか、などが正確に分かれば、適切に対処できます。

~セミナー参加者の感想~

初めてのお話が多く、非常に楽しかったです。
全ての能力は、相互に影響しあっているので、どれか一つでも改善することで、全体の能力が上がることが分かりました。
女性 20代IMG_3911

コミュニケーションについての三角形の話や、コミュニケーションの基本的な成り立ち方について、わかりやすく、とても参考になった。
男性 40代

実際にワークをやってみて、頭が軽くなりました。
この方向で取り組めば、以前から気に成っていたことを解決できそうな予感がするので、また来たいと思います。
30代 女性
普段、意識せずに行っていたことの仕組みを知るのは、興味深かった。
50代女性

「職場の嫌われ者」に対する接し方を、変えようと思った。
これから人脈を広げていくという目的上、トライアングルを活用し、コミュニケーションを円滑に進めたいと思う。
40代男性

トーンにもとづいて相手の状況をとらえ、その少し上のトーンで話す仕組みがあったのを知って、これから活用していきたいと思いました。
コミュニケーションに関して今一度、ロジック的に捉え、会話をする際には普通に考えずにも出てくるようにしたい。
自分の伝えたい考えを、相手にしっかりとイメージさせる大切さを再認識できました。
30代男性

IMG_3992意欲の低い部下に対して、その人の性格だからと、諦めかけていた部分もありましたが、今日のお話を聞いて、元々の性格ではなく、感情のトーンの問題であると知り、希望が持て、すっきりしました。ありがとうございました。

トーンの話は一番興味深かったです。
なんとなく、状況によって(思考、体調、心の状態などによって)、同じ人でも感じるレベルは違うので、バイオリズムを感じ取っていましたが、それでもその人の基本のトーンというものがあると知り、これから自分も含め、周りの方のトーンを感じ取っていきたいと思いました。仕事でも、とても役立つと思います。
20代女性

注)セミナーでは、参加者に合わせて、扱うテーマの焦点を絞っていくため、上記のテーマ全てが時間内で網羅されるとは限りません。あらかじめ、ご了承の程、よろしくお願いいたします。
複数回に分けて、より詳しく受講できるプログラムもあります。

ご希望の方には、無料にて、「能力分析テスト」を受けて頂けます。ご自身のコミュニケーション能力を含めた、トータルな長所・短所・振舞いのパターンなどが、客観的に見て取れます。

所要時間:1.5 ~ 2時間

料金:1,500円
(2回目、3回目は、3,000円 3回まで参加可能)

場所:106-0031 東京都港区西麻布1-8-9-8F (六本木駅最寄り)

参加人数:1~4人まで
日時については、基本的には毎日、13:00-, 16:00-, 19:00- で実施しています。希望日時について、以下、第2希望まで、ご記載ください。

<<お申し込みフォーム  コミュニケーション能力向上セミナー ヴァリアント入門講座>>

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

料金:1500円
所要時間: 1.5~2 時間

場所:〒106-0031 東京都港区西麻布1-8-9 バルビゾン40,8F

注:下記で自動カンレンダー表示にならない場合(ブラウザ等の関係で)、2016/05/05 など、直接文字入力をお願いいたします

第1希望
参加希望日1

時間1

第2希望
参加希望日2

時間2

ご質問、特に学びたい内容、特定講師のご希望、参加人数複数予定の場合など、ご自由にお書きください


関連するコース:

コミュニケーションによるビジネスの向上コース

理論パートと、実践パートからなり、参加者同士の実践、マンツーマンの指導も充実。参加スケジュールは、かなり自由に調整ができ、計50時間でじっくり学ぶ。約11万円と費用もリーズナブル。アメリカ発のコースで、50年間、欧米や国内の企業で実施され、結果を得てきた、安心のコミュニケーションの鉄板コース。
所要時間:約50時間
料金:114,500円(税込み、教材費込みでの、全額)

個人の高潔さ コース

主に理論中心のコース。コミュニケーションにかぎらず、自信を向上させたい方のためのコース。ものごとにしっかり向き合ったり、自分自身で観察し、判断できる力を、回復させるプログラム。参加スケジュールは、かなり自由に調整ができる。4日間集中でも可能だし、半年かけてやることもできる。
所要時間:約35時間
料金::114,500円(税込み、教材費込みでの、全額)

Pocket