• 03-5775-0547
  • 六本木の実践的ビジネススクール

インテグリティ(Integrity,≒高潔、誠実、真摯)の意味を掘り下げる

Pocket

インテグリティという言葉は、経営学者ドラッカーが、著書の中で、「インテグリティを絶対視して初めてまともな組織と言える」などと指摘したことなどから、ビジネスにおいて、重要な要素であることはよく認識されてはいる。ビジネス、リーダーシップ、マネジメントに関わる者が、まずもって理解すべき概念といえる。

日本語訳の際は、高潔さ、誠実さ、真摯さ、などと訳されるのであるが、それらも完全にふさわしい訳とは言えないので、ここで明確に意味を定義しておきたいと思う。

しかし、ドラッカー本人も、このインテグリティを定義することは難しいと言っている。
英語の辞書で見ると、

Integrity(名)(不可算名詞)

1.高潔,誠実,清廉
a person of integrity(高潔な人、人格者)

2.完全な状態、無傷

relics in their integrity(完全な姿の遺物)

語源:ラテン語「健全、完全」の意 INTEGER 参照

(『研究社 新英和中辞典』より)

上記、
1番は、道徳的・倫理的な意味での完全さ、といったニュアンス。
2番は、より物理的な意味での完全さ、欠けていないという意味の完全さを意味している。

240_f_71880249_gcantbyq674frfdneynkrrarfp2loykv

 

語源的には、2番の物理的な意味がより基本にあり、1番の道徳的・倫理的な意味はどちらかといえば派生したもののように思われる。
(なお、マネジメントの視点からいえば、経営部、マネージャー、各スタッフにおける、1番のintegrity(高潔さ、誠実さ)の退廃が、2番の組織としてのintegrity(完全性、結束、形態そのもの)の崩壊をもたらしていく、というのも、重要なポイントである, 注1)

integrity という語形は、integer(ラテン語で、「手に触れられていない」の意味) + ity (抽象名詞を作る語尾)であり、

integer を分解すると、
in- は、ラテン語において否定を表す意味があり、英語での un- に相当する。
teg- は、英語で touch に相当する意味を持ち、
er は、形容詞化する語尾

ということになる。

つまり、触れられていない状態、傷ついていない状態、欠けていない状態、といった原義を持つわけである。
1番の道徳的・倫理的な意味も、ラテン語として古くからあるようである。

日本人にとって多少なじみのある同根の語としては、
数学の積分で使う記号、インテグラル(integral)がある。左側にある、 f に横棒がない記号ですね。

integral1

integral には、他の意味として、an integral part(完全になるために無くてはならない部分)といった感じで、「(完全になるために)不可欠な」といった形容詞としての意味などもある。
「積分」のことを、英語で integration という。ある範囲を積分するということは、その範囲の値